合う・合わない

乳酸菌・善玉菌の働き

細菌は、子どもが誕生するとすぐに腸の中に住み始めます。
最初に住み始めるのが大腸菌でそのあとにビフィブス菌、といった順に種類がつぎつぎと増え続けて約100~120種類以上、約100兆個もの細菌が住み着くようになると言われています。
これらの腸内細菌は、体に良い働きをする「善玉菌」、悪い影響を与える「悪玉菌」、悪玉菌が増えると悪い影響を与える「日和見菌」の3種類に分類できます。

健康を維持するためには腸内細菌のバランスを良くすることが大切で、健康時には3~15%を占めている悪玉菌が増えて腸内バランスが崩れると、病気になりやすい体になってしまうのです。
善玉菌は腸内を酸性に保ち、悪玉菌による腐敗の進行を止め悪玉菌の繁殖を抑えます。
また、ビタミンの合成や消化吸収の補助、病原菌の感染防御や免疫機能の強化などによって健康維持・増進に効果を発揮します。

この善玉菌の代表がビフィズス菌やブルガリア菌、アシドフィルス菌、ヤクルト菌などの「乳酸菌」です。
乳酸菌のなかには、生きたまま腸まで到達して高い効果を発揮する菌、胃酸の影響で生きたまま腸まで届くことはないが他の菌の餌になる菌などさまざまな乳酸菌があります。
種類も違えば働きも違いますが、それぞれが体にとって有効な働きをしてくれる菌です。
そんな乳酸菌はヨーグルトなどの食品の他にも乳酸菌飲料からも摂取できます。
おすすめの乳酸菌飲料がこちらで紹介されていますので是非お試しください。

このページの先頭へ