合う・合わない

有胞子性乳酸菌とは

通常の乳酸菌は乾燥や熱、酸に弱いのですが、有胞子性乳酸菌は胞子性の乳酸菌の総称で胞子の殻のようなもので菌体が守られています。
この殻に守られて熱や酸などの悪環境に耐え、生きたまま腸に届いて腸内環境をよくしてくれるのです。
しかも、その胞子は腸管内で発芽して活発に繁殖します。

また、乳酸を生成する能力も高いことから効果が期待される乳酸菌です。
体内に入った胞子は、胃酸や胆汁の刺激を受けて腸内で発芽し活発に増殖します。
また、乳酸発酵によって乳酸をつくり、ウェルシュ菌などの悪玉菌を破壊するのです。

そしてその乳酸で腸内のpHを弱酸性に保つことで悪玉菌の異常発酵を抑えるとともに善玉菌が繁殖しやすい環境を作ってくれます。
この有胞子性乳酸菌の摂取することで自覚できる効果としては、便中のアンモニア含有量を減少させることでアンモニア臭が減ります。
有胞子性乳酸菌の特長としては、一般の乳酸菌は熱や酸などに弱いことからその利用は一部の食品に限定されますが、有胞子性乳酸菌は胞子によって熱や酸などに強いうえに乳酸生成の能力が高い点です。
この特長から、有胞子性乳酸菌は、加工食品はもちろんのこと食品全般に利用できるほか、熱加工の必要がある菓子類や水分保持の必要のないサプリメントや錠剤など、幅広い製品にも利用できます。

このページの先頭へ