合う・合わない

植物性乳酸菌とは

動物性乳酸菌がヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれていることはよく知られていますが、植物性の食べ物にも多くの乳酸菌が含まれています。
この植物性の発酵食品に含まれる植物性乳酸菌は、栄養バランスが悪く刺激の強い環境でも生き抜きます。
植物性の発酵食品の多くは、食品の保存力を高めるために塩や酢などの調味料を大量に使用します。

これらの調味料が使われている環境のなかでも生き抜くだけではなく増殖することができる植物性乳酸菌は、耐塩性・耐酸性が高く、過酷な環境に強い微生物と言えます。
また、植物性乳酸菌は植物に含まれるブドウ糖や麦芽糖などが栄養源ですから、植物の糖分を餌として吸収しできるうえ、栄養が乏しい所やバランスが悪い所でも生存・増殖できます。
こうしたことから、有効性は動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌のほうが高いとして、注目されています。

伝統的な日本食には植物性の発酵食品である漬け物や欠かすことのできない調味料である味噌、醤油などがあり、これらの食品の製造に使れているのが植物性乳酸菌です。
日本には、昔からさまざまな漬け物を食べ調味料を使ってきた歴史があり、現在もそれを引き継いでいます。
なかでも日本特有といわれる「ぬか漬け」に使うの「ぬか」や日本の調味料の代表ともいえる味噌には、植物性乳酸菌が実に豊富に含まれています。

毎日植物性乳酸菌を摂り便秘知らずの生活を過ごしてみませんか?
腸内環境が整うと、便秘が解消できる以外にも様々な嬉しい効果を実感できるでしょう。
毎日食べる食事の中で自然と摂れるので、苦に思わず続けることができるでしょう。

このページの先頭へ