合う・合わない

死んだ乳酸菌でも効果がある?

生きたままの乳酸菌は、糖分を分解して乳酸などの酸を発生することで悪玉菌の減少を促進させ、悪玉菌によって腸内にたまった有害物質を体外に出してくれる効果がありますが、こうした効果は死滅した乳酸菌にはないといわれていました。
しかし現在では、胃酸によって死んでしまった乳酸菌の研究が進められ、死滅してしまった乳酸菌も腸内に大きな効果を示してくれることが分ってきました。
死滅した乳酸菌は腸内に届いて善玉菌のエサになり、善玉菌を増殖させたり、悪玉菌によって生成した有害な物質と合成したりして中和する働きなどもあること、さらに、腸内にあるパイエル板という免疫組織に働きかけて免疫細胞を活性化させ、ウイルス感染やガン細胞発生を抑制するといった予防効果があることも明らかになっています。

このようなことから、乳酸菌の効果はそれが生菌か死菌かということに関係なく乳酸菌の菌体成分そのものにあるので、死んだ乳酸菌でも腸の中での働きとその効果に変わりがないのです。
生菌であっても死菌であっても、免疫力を高める作用やコレステロール抑制作用には大きな差がないことは、実験結果でとして知られてはいました。
しかし、生きた乳酸菌だけに効果があるように言われてきたのは、摂取する人の体のためということよりも、乳酸菌の発酵(乳酸の生成)のためであろうといわれています。

このページの先頭へ