合う・合わない

殺菌乳酸菌とは

殺菌乳酸菌とは、乳酸菌飲料などに使用されるもので、発酵し続けることで味覚が変化することを防止するために殺菌処理されている乳酸菌のことを言います。
殺菌されているのでは乳酸菌としての整腸や免疫力を高める効果はないと思われがちですが、そうではありません。
死菌であっても、その死骸に含まれる乳酸や乳糖は残っており、それがもともと腸内にいた乳酸菌の餌になることで、菌そのものの効果がなくなることはありません。

また、殺菌された乳酸菌は数日で小さくなり、カラダに吸収されやすい利点があるのです。
小さくなることで腸内全体に分散して吸収されたり腸の細かい突起の間に取り込まれたりして、生菌とかわらない効果があることが確認されています。
ネット上に、乳酸菌研究の世界的権威者による「殺菌乳酸菌の効果に関する実験結果」の報告が公開されています。

これはマウスによる飼育実験で行われたもので、普通の餌を与えたグループよりも殺菌した酸乳(乳酸菌と酵母で長時間発酵・熟成した殺菌酸乳)を混ぜた餌を与えたグループの方が、約50日程度も長生きしたこと。
このことから、殺菌された酸乳も死菌の乳酸菌も、腸内で吸収されることによって酸乳が腸内菌の餌になったり増殖させたりするなどの優れた効果があると考えられるとするものです。
また、こちらの乳酸菌の体験談も参考にご覧ください。

このページの先頭へ