合う・合わない

自分に合った乳酸菌の選び方

現在、乳酸菌は200種類以上もありますが、この菌のなかには体質やそのときの腸の状況などによってその人の腸に合う菌や合わない菌があることが分かっています。
サイト上の口コミにあるように「よく効くといわれていたが私には効かなかった」といったことは普通に発生することで、摂取する人にとって「相性が良い菌と相性の悪い菌」があるのです。
当然なことですが、合わない乳酸菌をいくら摂取しても効果はまったく期待できません。

また、医薬品ではありませんから、相性が良い場合でも摂取すればすぐに効果が確認されるということでもありません。
一定期間摂取することで、効果を確認できるのです。
自分に合った乳酸菌を探し当てるためには、実際に摂取して確かめてみる以外に方法はありません。

ヨーグルトや乳酸菌飲料など、乳酸菌の入った食べ物や飲み物を実際に口にして、効き目があるかどうかを確かめるのです。
乳酸菌の一日の摂取量目安はこちらにかいてありますので過剰摂取はしないで少し時間はかかりますが、1つの商品を1~2週間程度を目安に摂取してみましょう。
このときに大切なことは、商品にどのような乳酸菌が使われているかを確認・記録しておくことです。
効果を確認できる乳酸菌をみつけることができれば、その後は、効果が確認できた乳酸菌を摂取していきます。
なお、最近は多くの種類の乳酸菌サプリメントが販売されるようになりましたので、それを利用するのも一つの方法です。
乳酸菌サプリメントの人気ランキングがこちらにありますので、人気商品から試してみてはいかがですか?

↓乳酸菌の1日の摂取目安量

このページの先頭へ