合う・合わない

生きて腸まで届く乳酸菌とは

通常の乳酸菌は、生きて腸まで届くことはありません。
これは、乳酸菌は熱や酸に弱いために、胃に到達した時点でに胃酸(この胃酸は、アルミを入れると約15分で全てが解けて無くなるくらい強い酸性の分解力を持っています)に溶かされてしまうので、摂取した乳酸菌のほとんどは死滅してしまいます。
しかし、日々の研究や技術開発により、生きて腸まで届く乳酸菌があります。

その1つは、乳酸菌を胃酸には溶けないが腸のアルカリで解けるカプセルで包んで摂取する方法と、もう1つは、特定種類の乳酸菌のなかに、酸に強いことから生きて腸まで届くものがみつかり、その乳酸菌が利用され始めたのです。
酸に強い乳酸菌とは、「有胞子性乳酸菌」と呼ばれるものです。
有胞子性乳酸菌は胞子の殻のようなもので菌体が守られていますので、この殻によって熱や酸などの悪環境に耐え、生きたまま腸に届いて腸内環境をよくしてくれるのです。
しかも、その胞子は腸管内で発芽して活発に繁殖するうえに、乳酸を生成する高い能力も備えています。
さらに、その乳酸で腸内のpHを弱酸性に保つことで悪玉菌の異常発酵生成物を抑えるとともに、善玉菌が繁殖しやすい環境を作ってくれますので、大きな効果が期待が寄せられています。
こちらでは乳酸菌を使ったダイエット方法が紹介されています。
整腸作用があることで有名ですが、ダイエットにも効果的なので是非とも積極的に摂っていただきたいですね。
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。

このページの先頭へ