合う・合わない

乳酸菌は生きて腸まで届かない?

乳酸菌は、生きたままで腸に届くことはほとんどありません(現在は、生菌で腸まで届く乳酸菌が存在することが明らかになっています)。
現在見つかっている生き残りやすい乳酸菌の種類はこちらで紹介されています。

http://www.opaque-events.com/jyakutenn.htmlにもかいてあるように、
従来の種類は胃酸に弱いため、ほとんどが生きた状態で腸まで届きませんでした。
この理由は、胃の働きにあります。
乳酸菌は、胃から分泌される強酸性の消化液によって死滅してしまうのです。

乳酸菌を摂取するタイミングとしては食後が良いと言われますが、これは、満腹状態のときは胃酸があまり分泌されないので、生菌が腸まで届きやすいと考えられていたからです。
しかし、ごくわずかな乳酸菌が生きたまま腸に到達しても、今度は腸内に住み着いている細菌や白血球によってすぐに死滅されてしまいます。
かつて、乳酸菌がいかにも生菌のままで腸までとどけられることで効果を発揮するような「生きた乳酸菌入り」などと銘打って売られていた食品や飲料に含まれていた乳酸菌の多くは、消費者の手に届く前の流通過程で死滅していたのです。

研究や開発によって、現在、腸に届く乳酸菌が生菌であるか死菌であるかは、あまり問題ではなくなってきています。
乳酸菌は死菌であっても生菌と同様の効果があること、また、胃酸などで死滅することなく腸まで届く乳酸菌が存在することが明らかになってきました。
さらに、胃酸では溶けないカプセルなどで腸まで生菌のまま届けることも可能になってきたからです。
生きたまま腸に届けることができる乳酸菌サプリメントの中でも人気の商品がこちらで紹介されています。
価格もお手頃なのでお財布に優しく長く愛用できますよ。
是非毎日の健康維持に乳酸菌を摂取しましょう。

このページの先頭へ