合う・合わない

乳酸菌は種類によって働きが違う?

乳酸菌は、細菌の生物学的な分類上で特定の菌種を指すものではありません。
発酵によって糖類から多量の乳酸を産生し、悪臭の原因になるような腐敗物質を作らない微生物(細菌)を総称してこう呼びます。
この乳酸菌は広く自然界に存在しており、人や動物の消化器官にも生息しています。

また、乳酸菌の働きを利用して、みそ、しょうゆ、漬物、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品が作られていることは、だれでもが知っているところです。
乳酸菌は、形状別では球菌(丸い菌)・桿菌(棒状の菌)、発酵形式ではホモ型乳酸発酵(糖から乳酸だけを生成)・ヘテロ型乳酸発酵(糖から乳酸と酢酸又はアルコール、炭酸ガスを生成)、発育条件では通性嫌気性菌(酸素があっても増殖)・偏性嫌気性菌(酸素のある所では増殖しない)といったように分類されます。
「ビフィズス菌」や「植ヤクルト菌」、「シロタ株」や「LG21乳酸菌」といった名称や乳酸菌飲料商品名などを見たり聞いたりした人は多いと思います。

乳酸菌の種類は多種多様で、数千種類あると言われています。
乳酸菌は一定の熟成期間を経て作られる食品中には必ず存在しているといってもよく、食品だけではなく有機物が堆積しているところにも存在しています。
正確な棲息数やどういった種類の乳酸菌がいるか、その乳酸菌がどのような役割を果たしているかなど、まだ不明な点が多いのが乳酸菌です。
主なはたらきとして知られているのは整腸作用やアレルギーの緩和ですが、これらの改善にとくに良いとされる種類があります。
便秘解消に効果のある乳酸菌はこちら、アレルギー緩和に効果のある乳酸菌はこちらで紹介されています。

このページの先頭へ