合う・合わない

動物性乳酸菌とは

動物性の乳酸菌は、主に乳製品に含まれる動物の「乳」に由来するものです。
チーズやミルク、ヨーグルトなどには大量に存在していますし、発酵した肉や水産発酵食品(くさや・塩辛・鮒寿司・ニシンの糠漬け・かつお節など)にも、動物性の乳酸菌が活躍しています。
しかし、最近のヨーグルトは植物性の乳酸菌を使って発酵させるものも多くなっていますから、ヨーグルトを食べているから動物性乳酸菌を摂取している、ということにはなりません。

動物性乳酸菌は「乳糖だけを分解する」ことで生き続ける菌で、他の細菌と共存できず単独でしか生きていけない・糖が一定の濃度を保っていないと生存できない・栄養が豊富な場所にしか存在できない・強い塩分で死滅する、といった特徴を持つ非常に弱い乳酸菌です。
そのため、摂取してもそのほとんどが腸内に到達することができないうちに死滅してしまいます。

こうした腸に到達しないうちに死滅してしまうのであれば動物性乳酸菌を摂取してもあまり意味がないようですが、動物性乳酸菌には重要な役割があるのです。
それは、生菌のままで腸まで到達して効果を発揮する「植物性乳酸菌」の餌になり、植物性乳酸菌の働きをより活発化させる役割です。
また、動物性乳酸菌は、死菌であっても直接腸内を刺激し、免疫機能を活発にさせる働きもあります。

このページの先頭へ