合う・合わない

乳酸菌は種類によって合う・合わないがある?

サイト上には、同じ乳酸菌に対する口コミに、この乳酸菌は効果があったと書いている人もいれば全く効果がなかったとまったく逆のことを書いている人もいます。
同じ乳酸菌でも、どうして、効果のある人と効果のない人が発生するのでしょうか。
それは、乳酸菌にはそれを摂取する人に合うものと合わないものがあり、また一方では、人には合う乳酸菌と合わない乳酸菌があるということなのです。

よく聞かれる話として、便秘解消のためにヨーグルトの乳酸菌が良いといっても、ヨーグルトを摂取することで解決する人と全く効果のない人、さらに悪化する人さえいます。
摂取する乳酸菌が、合う人にとっては効果が現れますが合わない人にとっては単に乳製品の取り過ぎになったり、取りすぎることでさらに悪化したりすることがあるのです。
乳酸菌は、人によって合う・合わないがあります。

自分に合った乳酸菌を見つけるためには、実際に摂り入れてみないと分かりません。
自分に合う乳酸菌を見つけるためには、たとえば数百種類を超えているヨーグルトのなかから自分に合った乳酸菌を使用したヨーグルトを探すことからはじめます。
そのためには、一つの種類を少なくとも2週間は取り続ける必要があります。
体は正直なものですから、いわゆる「合っている乳酸菌」を摂り入れると便通がよくなったり体調がよくなったりしますから、自分で実感できるというわけです。
これは乳酸菌飲料でも同じことができます。
人気の高い乳酸菌飲料をいくつか試してみて自分に合うものを見つけるのも良いでしょう。
また、複数の乳酸菌が入っているサプリメントタイプでしたら、自分に合う乳酸菌が含まれている確率が高いため、すぐに効果が期待できるでしょう。

このページの先頭へ